RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

ロリポブログ!

Yet Another JUGEM.
<< 晩春 | main |
チョコレート・ファイター
0
     光が投影されるスクリーンと、自らが光源となって光を放つブラウン管や液晶画面は、まったく異なる映像伝達物である、と常に強調してきた。そこに映し出されている被写体がまったく同じものであっても、だ。そのちがいは、物理的な域をはるかに超え、形而上の域に達していると言わざるを得ない。
     そう主張しつつも、いつしかそのちがいを忘れていた。
     この映画をDVDで何度も見て(DVDで見る時点で、それは映画でなくなっている!)、屋上に出てからの戦いは冗長だ、などと感じていたが、初めてスクリーンで見ることによって、それらはまったく異質の運動へと変貌した。主人公ゼンの蹴り、路上へと落ちていく人間とコンクリートが接触する瞬間における肉体の質感など、画面のサイズが大きいから、という理由だけでは説明し尽くせない「触感」が突き刺さってくる。
     この映画は「痛い」。そうした評価は多いのではないか。しかし、この映画が持つ真の痛さとは、打撃を与えられる肉体を、見る者が想像することによって生じるものではない。スクリーンに投影された光が、触感を伴って生身の人間を突き刺す、人智を超えた衝撃が生み出されるがゆえの痛さなのである。
    | - | 22:11 | - | trackbacks(0) | - | - |
    http://nozawaeiga.fullcom.jp/trackback/1255051